平和のつかい Μήνυμα ειρήνης

2017年09月06日

弊社が「平和のつかい」と呼ばれた事や機関誌の名前の由来は別の記事にて紹介しましたが、今回はその機関誌の中身をご紹介します。

年三回発刊しているこの機関誌の内容は、代表者の記事、最近の出来事やお知らせ、井戸掘り活動報告など、弊社の事だけではありません。
弊社が愛媛県の青年海外協力隊を育てる会の事務局に関わっているので、愛媛県出身の青年海外協力隊員のレポートも掲載しています。

弊社に興味を持たれている方はもちろん、青年海外協力隊の隊員の現地での活動に興味のある方もぜひご覧ください。
印刷用pdfも用意しました。ダウンロードして印刷用にご利用下さい。
印刷設定は JISB4 両面 短辺綴じ がお勧めです。
平和のつかい第66号-PeaceMessenger66_201704
平和のつかい第67号-PeaceMessenger67_201708

記事を画面上で読みたい方は以下の画像をクリックしてお読みください。
平和のつかい第66号P1-PeaceMessenger66_201704-001

平和のつかい第66号P2-PeaceMessenger66_201704-002

平和のつかい第67号P1-PeaceMessenger67_201708-001

平和のつかい第67号P2-PeaceMessenger67_201708-002

今回ご紹介した第66号・第67号にはホンジュラスで活動をした隊員のレポートでしたね。

あれっ!?「ホンジュラスってどこ!?」「中米のどの辺!?」って思いませんでした?
そんなときは弊社の世界地図の早見表で確認してみましょう!
Hayamihyou1
50音順に並ぶ国旗からホンジュラスの座標点を確認!F-30!
Hayamihyou2
Fと30が交差するあたりを見つけて、よ~く見ると・・・。
Hayamihyou3
ミッケ!ホンジュラス見つけましたね!

では、ホンジュラスの場所や形、首都や主な言語や宗教までわかったところで、また次回。
体験レポートの続きは次号 第68号の発刊をお楽しみに!

今後も弊社の機関誌を読みたい!とご希望の方には、メールで発刊のお知らせをお送りする事も可能です。
お気軽にメールにてご連絡下さい。