• サービス内容・料金
  • はじめにお読み下さい
  • 世界地図の活用方法&特色・効果
  • 商品紹介
  • テンプレート地図下枠広告例
  • オリジナルデザイン地図広告例
  • お申込みから納品までの流れ
  • 料金表
  • 取引実績
  • お客様の声
  • 見積依頼
  • FC2支店
    楽天支店
    yahoo!ショッピング支店
    amazon支店
  • マスコミ掲載事例
  • (株)世界地図・(財)進級ボランティア団体の(支援)活動内容
  • 井戸堀り活動、活動報告専用サイトへ
  • 井戸堀り活動、活動報告専用サイトへ

(株)世界地図・(財)進級ボランティア事業団の(支援)

  (支援)活動団体 内容 事務局
遠藤青汁普及運動と
献血運動
1943年アメリカから故遠藤二郎博士が日本に持ってきた青汁の素であるケールの種(地中海原産)を自宅で栽培し、青汁にして飲み、健康を増進し、また種が出来たら周りの人に配ってもらうボランティア運動です。青年海外協力隊の人達にも赴任先での普及をお願いしており、世界中に広がっています。また青汁を飲んでいる人は血液が綺麗なので献血にご協力をお願いします。*ご希望の方にはケールの種をお送り致します。 2004年、台風でケールが壊滅的な打撃を受けた時、3ヶ月間配達を休みました。偽の多い時代、私達はこの事を誇りに思っています。 (有)遠藤青汁愛媛販社
松山市古川北4-9-25
TEL:089-969-1200
FAX:089-969-1211
ネットワーク地球村 地球村は国連が提唱している「環境調和社会」の実現を目指すNGOです。地球環境の実態を知り簡単に出来ること、楽しくやれることから始めることで社会が変わります。環境だけではなく、生き方や生活全般について考えたり話し合ったりする会を毎月開いています。「地球村通信」を毎月発行。*日本のアル・ゴア、高木善之さんの講演は大人気。何度聞いても感動します。地球環境はだんだんと悪くなっています。もう時間がありません。毎年11月11日に高木先生をお迎えして、講演会を開催しています。 ネットワーク「地球村」
大阪本部事務局
大阪市北区堂山町1-5
大阪合同ビル301号
TEL:06-6311-0309
FAX:06-6311-0321


(財)進級ボランティア事業団
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-913-1771
FAX:089-932-3705
えひめ子どもほっとライン チャイルドラインとは英国の市民団体が1986年から続けている「子供の電話相談」です。日本では世田谷チャイルドラインがスタート。この年愛媛では日本で6番目に立ち上げ活動開始。平成17年より名称をえひめ子どもほっとラインに変更し、より強力な活動ができるようになった。毎週金・土曜16:00~20:00に相談を受けています。ますます必要性が高まっている活動です。ボランティアの人数を増やし、さらに長い時間子供と対応できる体制がつくられたらと考えています。*電話を受けるボランティア募集中!(研修致します) えひめ子どもほっとライン
金曜・土曜16:00~20:00

(財)進級ボランティア事業団
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-913-1771
FAX:089-932-3705
愛媛県青年海外協力隊を
育てる会
育てる会は愛媛県出身の青年海外協力隊員を支援するため、「小さなハートプロジェクト」や帰国後の隊員の就職支援などを行っています。協力隊のことが良く分かる月刊誌「クロスロード」を購読される事をお勧めいたします。(株)世界地図本社にて毎月1回運営会議が行われています。また、知事も参加される送行会では、現地の学校に配ってもらう為の地図と現地で青汁の元のケールの種を手渡ししています。 (株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
「念ずれば花ひらく」の言葉を
世界中に拡げる会
坂村真民先生の「念ずれば花ひらく」の言葉は勇気と希望を与えます。海外で掘る井戸のそばのプレートには現地の言葉で書かれています。オリンピック等の国際試合でも応援旗として伝えてゆきます。2004年、世界で一番の平和の聖地オリンピアの一番の中心地に世界で初めて石碑が建立されました。それが「念ずれば花ひらく」と刻まれた石碑でした。 (株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
地球が動いた日を
50年間上映する会
「地球が動いた日」は、ただの感動的な震災のアニメ映画ではありません。震災であらわになった社会のさまざまな矛盾を見据えることにより、世の中を変え、私達の生き方を変える教訓となる映画です。何度観ても感動します。毎年震災日(1月17日)頃上映しています。50年間上映(今年15年目を上映)すれば、よい世の中になっている事を祈って始めましたが、日本はだんだん悪くなっています。焦ってきます。*学校や防災イベントで上映させて頂いております。お申し出下さい。ビデオをお貸ししています。 (株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
阪神大震災被災者支援活動 全社員で毎年震災の日1月17日AM5:46に淡路島北淡町の震源地に立ちセレモニーに参加。レインボーハウスの子どもたちは大きくなり、いなくなったから2009年より募金活動はストップ。2002年1月17日には「念ずれば花ひらく」の石碑を震源地北淡町に建立しました。毎年1月17日AM0:00に高島屋前をバスで出発します。ご参加下さい。 (株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
SHIN国際ボランティア事業団 1998年6月29日に亡くなった松山出身の平和活動家、安井伸君の志を引き継ぎ設立。毎月1回機関紙(「平和のつかい」の中の「伸君からのレポート」)を発行しています。伸君のように半径2万kmを考えられる人になりましょう。「モスタルの石橋」愛媛新聞社発刊、好評発売中。 (株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
新世紀一揆を起こす会 今の我国は、時は違っても明治維新と同じような歴史的な大変革期にあります。平成13年10月21日、「聖域なき構造改革の断行」「子供達に借金を残すな」を旗印に全社員で国会請願デモを行いました。当時日本の借金は666兆円。今は888兆円と言われています。このままでは日本は倒産してしまいます。一部の腐りきった政治家や官僚の私利私欲の為、我々民衆が犠牲になることはありません。まして子供たちには全く責任がありません。倒産した後「しまった」では遅すぎます。しがらみだらけの政治家、官僚にはもう抜本的な改革は出来ません。ペリー、マッカーサーのような外圧しか官僚は言うことを聞きません。首相特別補佐官として、世界中から100人位のプロジェクトを組み、一気に改革すれば間に合います。
日本こそが世界平和の中心にならなければなりません。
(株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
新しい風をおこす市民の会 この会は1999年6月に誕生。いろいろな意見を吸収し、政治、団体に提言するNPOです。一緒に素晴らしい郷土をつくるため参加してみませんか。みんなで世の中を良くしていきましょう。 新しい風を起こす市民の会
松山市大街道3-2-8
(株)オリエント設計内
TEL:089-934-7474
FAX:089-947-1407
日本地雷処理を支援する会
(JMASジェイマス)
軍事的衝突が発生する度に大きな災禍が残されてきました。その中の一つが地雷と不発弾です。20世紀後半、世界の各地で発生した地域紛争の跡地には、膨大な数の地雷等が残されたままです。その中で親を失い手足を飛ばされた人々がカンボジアを中心に厳しい環境の中で生きています。JMASはこの様な地雷や不発弾等に苦しむ人々の支援のために活動しています。愛媛県出身の元PKO隊員高山良二さんも活躍中。高山さんにお願いして井戸も掘ってもらっています。(JMASは日本を代表するNGOになると思います。) 日本地雷処理を
支援する会(JMAS)
東京都新宿区市谷本村町
4-1市ヶ谷会館4F
TEL:03-5228-7820
FAX:03-5228-7821
四国八十八カ所を
世界遺産にする会
「世界遺産化の会」では四国八十八カ所を世界遺産に登録するという壮大なプロジェクト成功の為の市民運動として皆様のご理解ご協力こそが必要であると考えています。 「四国へんろ道文化」
世界遺産の会
本部事務局
松山市天山1-10-25
白石ビル2F 星企画(株)
TEL:089-934-6088
FAX:089-921-1187
世界地図を世界中に拡げる会 世界地図は、子どもたちだけでなく大人にもに夢と希望と目標を与えます。シンプルでわかりやすい世界地図が世界中に拡がり、人生がかわるキッカケとなり世の中が良くなる事を信じて普及しています。 (株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
井戸を世界中に22万基掘る会 北極から地球の芯まで掘ると6,357,000m、30メートル掘れば水が出るとすれば、6,357,000m÷30m=211,900基≒22万基。まさに坂の上の雲をつかむような壮大なロマンです。2010年12月現在に176期完成。22世紀に完成を目指します。 井戸を世界中に
22万基掘る会
松山市千舟町5-7-2
(株)世界地図内
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705
「愚陀佛庵」を
本来の場所に復元する会
愚陀佛庵は52日間、正岡子規と夏目漱石が同居し、それをキッカケとして漱石が文学へ目覚めた場所です。日本の近代俳句と文学史上において、とても重要な場所と言えます。私たちは、資料展示を行う博物館や記念館と違い、文化史跡としての「愚陀佛庵」は彼らの息づかいが感じられる本来の場所に再建させることが全てに優先されるべきことだと考えます。子規と漱石が起居した「愚陀佛庵」では連日、句会が開かれ、虚子や碧悟桐など若き松山の俳人たち(松山松風会)と共に漱石も俳句を作り、のちの文豪・夏目漱石の出発点になった場所でもあります。文化史跡の「愚陀佛庵」を正しく評価し、未来へ続く子どもたちの為に誇れる文化史跡を正しく継承していかなければなりません。以上、市民の皆様のご賛同をいただき「愚陀佛庵」を本来の場所に復元させてまいりたいと考えます。是非、皆様のご署名・ご協力をお願い致します。1月中に10,000名 目標。 (株)世界地図
松山市千舟町5-7-2
TEL:089-915-7272
FAX:089-932-3705